Chrome と Android でメモや文書を同期して手軽に使おうー!

Diigo と Quick Note と Power Note
今回の内容を集約するとこんなイメージです!

Chrome と Androidで!

この組み合わせに限ったことでは無いんですけど、ちょっとしたメモや文書をブラウザとスマートフォンとで同期してどっちでも使いたい場合ってあるじゃないですか〜?

でも、環境を準備するのが面倒だったり、腰が重かったりして試せないなんて多々あると思います!が、しかし5分とかで準備出来るんだったらどうですか〜?とりあえず簡単なので勢いでやってみてくださいw

使うサービスとアプリ!

1. ウェブサービス: Diigo
一言で言うのは難しいのですが、色々なデータを保存&共有できるサービスです。下記2つのアプリも Diigo から提供されています。

2. Chrome のアプリ: Quick Note
Chrome でメモしたり手軽にできてるアプリです、ようはメモ帳だと思っていただけたらいいかもw

3. Android のアプリ: Power Note
Android で使える Diigo のアプリです。このアプリから色々と Diigo に保存できたりします。

Diigo は色々なアプリが用意されているので、組み合わせの自由度高いです!例えば、「Firefox(PC) と iPhone」や「Safari(PC) と iPad」といった感じです。詳しくは下記リンクを見てください、提供されているアプリなどが載っています。
http://www.diigo.com/tools

やることは3ステップ!

行う作業は分類すると主に3ステップです!

1. Diigo でアカウント登録する
2. Quick Note のインストールと設定
3. Power Note のインストールと設定

Power Noteの設定以外は、Chrome から行うとスムーズにできます。

Diigo でアカウント登録する!

Sign in to Diigo

Sign in to Diigo

アカウント登録と言ってもそんなに面倒ではありません。 Diigo は OpenID とか対応しているので Google アイコン押します。(Android ユーザーなら Google アカウント絶対にお持ちですもんね!)

あとはアカウントの登録画面が表示されるので、「Or, Create a new Diigo Account?」の枠の方でユーザー名とパスワードを入力して登録を完了してください。

Quick Note のインストールと設定!

Quick Note

Chrome Web Store – Quick Note

Chrome Web Store より Quick Note のインストールを行なってください。

Quick Note

Chrome での Quick Note の起動はお使いの環境により違うので、右クリックメニューから「New Note」を選んでサイドに出てきたノートの上に「家のマーク」のボタンがあるので押すか、またはアドレスバーに「Quick Note」と入力しても起動できます。

Quick Note

あとは Diigo に接続してデータの同期出来るようにします。Quick Note の設定は左下の歯車マークの設定ボタンを押すと設定画面を開けられます。あとは「Google acount」ってボタンがありますので押すだけです。これで同期出来るようになります。

使い方は簡単なんですけど、詳しくは下記リンクを参考にしてみてください。分かりやすく詳しく説明されています。確かわたしも Quick Note をこちらで知ったと思います。
いつでも文章や写真を素早くスクラップできるChromeアプリ「Quick Note」が便利すぎる*二十歳街道まっしぐら

Power Note のインストールと設定!

Power Note

Power Note – Android マーケット

Android アプリの Power Note は、Android マーケットよりインストールを行なってください。インストールのボタンを押すだけなので簡単ですよねw

Power Note

Diigo との同期は、Power Note を起動後メニューボタンを押すことにより「Preferences」って項目がありますので、そこから設定できます。2番目に「New to Diigo」って項目が Google アカウントを使って認証できますのでこちらを選びます。(画面は GALAXY S2 でのキャプチャです。)

Power Note

ちゃんと同期できると「My Library」に Diigo 上のデータが表示されます。日本語も問題なくOKでーす!

使う上で気をつける点!

Quick Note はデータを Power Note で言うところの「Text Note」でしか扱えません。
※Power Note は色々な形式を扱えます。

Quick Note から扱いたい場合は、Power Note 側での「Text Note」でメモなどしてくださいね!

Text Note

もう1つは、Text Note では、画像を貼り付けたり、リンクを含む文章も貼付けできてしまいます!

Power Note

これを Power Note で表示すると見る分にはちゃんと表示してくれます。

Power Note

だけど編集しようとすると HTML ソースで表示されてしまいます。なので、Text Note でメモする場合には HTML を含まない状態でペーストするなど注意が必要です。(HTML をお分かりでしたら問題ないと思いますw)

HTMLを含まない文字データとしてコピー出来る拡張機能やブックマークレットなどもあったと思います。ちょっと面倒ですけど、一旦メモ帳などに貼りつけてからそれをコピーするとプレーンな文字列でコピーきます。

ほぼひとりごと

今回は、Chrome と Android のどちらからも同じメモを扱える環境の準備を、簡単に出来る内容を主張して書いてみました。いつもよりちょっと説明端折ってたりしますが、本当に簡単に環境は整うのでぜひぜひ試してみてくださーい!Google アカウントを使うことでかなりスピーディになる事がポイントだと思います〜w